スクール活動

スクール活動

2013年10月10日

第68回国民体育大会サッカー競技(報告)

スポーツ祭東京2013 第68回国民体育大会サッカー競技 • 少年男子決勝は東京都が大阪府を1-0で下し、3年ぶり6度目の優勝を果たしました。三菱養和サッカークラブより、相馬勇紀選手(背番号9)・田中大蔵コーチが東京都代表として出場し、チームの優勝に貢献しました。大会期間中応援いただきありがとうございました。
以下、二人のコメントです。
田中大蔵コーチ(右)と相馬勇紀選手(左) 巣鴨スポーツセンターグラウンドにて
相馬勇紀選手
「優勝できて素直に嬉しいです。
決勝戦は、あの味の素スタジアムという最高の舞台で戦えたことが、とても良い経験になりました。チームに戻ってからが大切で、さらに努力を重ねプロを目指して頑張ります。」

田中大蔵コーチ
「たくさんの方のおかげで優勝することができました。この経験を今後の指導に生かして生きたいと思います。」


成年男子では、漆間コーチが東京都代表の監督を務め、3試合連続PK戦を制し決勝戦に進出しましたが、決勝戦では惜しくも岐阜県に0-1で惜敗し、優勝には至りませんでした。
尚、サッカー競技では東京都が総合優勝に輝きました。

詳しい大会結果は日本サッカー協会ホームページよりご覧ください。